スタッフブログ

矢吹 太一

今週末には展示車両もございます!

[2019/07/25]

スタッフ:
矢吹 太一
カテゴリー:
お知らせ
皆様、おはようございます!近畿地方、やっと梅雨明けしましたね。
これからいよいよ本格的な夏が参りますね。
夏バテや熱中症に気をつけてお過ごしくださいませ。

さて、début以来多数お問い合わせを頂いておりますC3 AIR CROSS SUVですが、
カタログのご用意ができました。
また今週末には、展示車両もご用意できる予定です。
どんなオーラを持ったクルマなのか、リアシートや荷室の使い勝手はどうなのかなど、
楽しみは膨らむばかりです。

今週末はこのC3 AIR CROSS SUVのdébutfare。
C3 AIR CROSS SUVをご覧いただいたお客様にこのモデルのミニカーをプレゼント!
是非皆様、お越しくださいませ。

スタッフ一同、心より皆様のお越しをお待ちしております。

矢吹 太一

C3 AIRCROSS SUV ついにdebut!

[2019/07/18]

スタッフ:
矢吹 太一
カテゴリー:
お知らせ
皆様、おはようございます!シトロエン神戸東の矢吹でございます。

梅雨のような、もう本格的な夏のような、暑い日が続きますね。
お元気でお過ごしでしょうか。

さてさて、長らくお待たせしておりましたシトロエン期待のニューモデルC3 AIRCROSS SUVがついにdebut致しました!

大人気のC3のデザインイメージを絶妙なバランスで引き継ぎ、室内や荷室スペースに更に余裕を持たせたこのモデル。大人気モデルになる要素満載です。

今後、ご試乗車や展示車両が参りましたら、またホームページでお知らせ致します!

C3 AIRCROSS SUVのdebutfairは7/27(土)28(日)でございます。
是非皆様、お越しくださいませ。

矢吹 太一

シトロエンでの高速道路

[2019/07/11]

スタッフ:
矢吹 太一
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
皆様、おはようございます。シトロエン神戸東の矢吹でございます。

梅雨本番、過ごしにくい蒸し暑い日が続きますね。
風邪も流行っておりますので、ご体調管理にお気をつけくださいませ。

シトロエンに乗って高速道路に乗ることが良くあります。
時には閉店後に往復100㎞近くも走ることがあります。

先日、ふと思いました。
もしこの閉店後に100㎞も高速道路を走るこのクルマがシトロエンでなかったら、もっと疲れるだろうなと。

シトロエンのクルマは、長距離の移動が楽です。

長距離を走っても、疲れが非常に少ないんです。
真っすぐ走る高い直進安定性。フラットで揺れの少ない乗り心地。余計な振動をカットしてくれる優しい乗り味の足回り。分厚いクッションで長時間座っても腰やお尻が痛くならないシート等々。

バカンスで長距離走っても、現地まで疲れないというのがフランス人には必要な条件なんですね。

もうすぐ夏休みです。
皆様もプチバカンスに新しいシトロエンでお出掛けされませんか?
今ならまだ間に合うモデルも多く揃えております。
しかも7月にご登録できるおクルマは、残価設定型ローンの金利が0%!!

是非とも週末はシトロエン神戸東のショールームへお出掛けください。
スタッフ一同、皆様のお越しを楽しみにお待ち申し上げております。

矢吹 太一

アクセルペダルとブレーキペダルの段差

[2019/07/04]

スタッフ:
矢吹 太一
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
皆様、おはようございます。シトロエン神戸東の矢吹でございます。

先週梅雨入りしたと思ったら、この豪雨です。
本当に心配です。
被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。
これ以上の被害が出ない様に祈るばかりです。




さてシトロエンのおクルマのご試乗をしていて、お客様に時々、
「アクセルとブレーキのペダルの段差が大きいね」とご指摘いただくことがあります。

確かに人気のC3ですとこんな感じです。
最新モデルのC5 AIRCROSS SUVでもこんな感じです。
確かに段差が大きく取られています。

実はこれ、最近よく起きている「アクセルとブレーキの踏み間違い」を防ぐ効果があるんです。

段差を設けることで踏みかえの際に意識して足を上げることになり、結果としてどちらのペダルを踏んでいるかがしっかり認識でき、踏み間違いが起きにくくなります。

センサーや電子制御等のシステムを使ってはいませんが、少しの工夫で大きな効果。成程、フランス人の好きそうな方法ですね。

是非皆様もシトロエン神戸東のショールームで、この効果をご体感くださいませ。
皆様のお越しをスタッフ一同、楽しみにお待ちしております。

矢吹 太一

シトロエンだけの乗り心地

[2019/06/27]

スタッフ:
矢吹 太一
カテゴリー:
シトロエンについて
皆様、おはようございます。シトロエン神戸東の矢吹でございます。

近畿地方もやっと梅雨入りしましたね。統計上最も遅い梅雨入りだそうです。で、いきなりの大雨。台風も接近しているようです。皆様どうかお気をつけてお過ごしくださいませ。

さて、C5 AIRCROSS SUVも発売され、シトロエンの乗り心地がネットなどでも話題になっています。

シトロエンの乗り心地の特徴って何でしょうか?他のブランドのクルマとどう違うのでしょうか?

少し小難しいお話になりますが、どうしてもお伝えしたく、少しお付き合いいただけると嬉しいです。

私が普段シトロエンに接していて思うのは、どのシトロエンのサスペンションのセッティングもかつてのシトロエン独自のサスペンション『ハイドロニューマチック』の動きを手本にしているということです。

ハイドロニューマチックは、4輪のサスペンションに1つのオイルポンプから送られたオイルによって、車体の動きを制御する仕組みでした。
全てのサスペンションは、1つのオイル回路によって繋がっています。

このことによって、走行時に前輪→後輪と凸凹に乗り上げても、その上下運動の周波数は同一。従って車内は水平で細かい上下動が無い。目線はいつも一定という車体制御が可能なんです。

今はこのハイドロニューマチックを採用したシトロエンは姿を消してしまいましたが、どのシトロエンのモデルにもこの乗り心地は健在なんです。

所謂『当たりが柔らかい』という乗り心地だけではなく、うねった路面を駆け抜けても車体は緩やかに水平。そして何となくオイルのような柔らかな流体が足元に満ちているような、そして少しの浮遊感を持ったユルリフワリな乗り味。これがシトロエンの醍醐味だと思います。

どのモデルにもこの味、生きています。

皆様是非、このシトロエンだけの乗り心地をショールームで感じてみてください!
スタッフ一同楽しみにお待ちしております。