スタッフブログ

矢吹 太一

シトロエンの顔

[2018/12/19]

スタッフ:
矢吹 太一
カテゴリー:
シトロエンについて
皆様、こんにちは!!シトロエン神戸東の矢吹でございます。

すっかり師走ですね。
寒さも街行く人の急ぎ足も、そろそろ年末の雰囲気が出て来ましたね。

最近、走っているクルマを見て思うことがあります。
カオが怖いクルマが多い!!大きなグリルに鋭いヘッドランプで、
前を行くクルマやすれ違う人をギッと睨みつけています。
一方、このシトロエンのお顔、いかがですか?(こちらはC3です)
権威や流行などとは無縁のノホホンとした優しい顔立ちです。
何だか憎めない、いい奴って感じですね。

流行り廃りと無縁なので、飽きずに長く乗ることができるのもシトロエンのいいところですね。
特にコワイ顔のクルマが多い、ミニバンの仲間もシトロエンにかかればこの通りです。
(こちらはすぺスペースツアラーです)
角度を変えてもこの通り。穏やかな顔つきですね~。



いかがでしょうか。シトロエンの顔。
今週末の三連休、是非この顔に癒されにショールームへお越しになりませんか?

シトロエン神戸東では、三連休に『クリスマスカフェ』のイベントを開催します。
お越しくださいました皆様にダニエルのカヌレをご用意しております。
寒い日が続きますが、是非ともホッと一息つきに、シトロエン神戸東へお越しくださいませ。

スタッフ一同、皆様のお越しを楽しみにお待ちしております。

矢吹 太一

デザインと機能の両立

[2018/11/21]

スタッフ:
矢吹 太一
カテゴリー:
シトロエンについて
皆様、いかがお過ごしでしょうか。シトロエン神戸東の矢吹でございます。

時折冷たい風が吹くと「あ~、もう冬の気配だなぁ」と感じる今日この頃です。

シトロエンの故郷、芸術大国フランスでは、デザインは美しくなければダメだと言われます。
でも、美しいばかりで使いにくいのもダメなんです。
美しくて使いやすくなければなりません。

シトロエンのクルマづくりにもそのスピリットは存分に生きています。
例えばこの、C3の『エアバンプ』!!C3に力強いクロスオーバー風のデザインを持たせつつ、
ボディーを隣のクルマからのドアパンチ等のキズから守ってくれます。
それからこのスペースツアラーの『ATシフトレバー』!!
ちょっと変わった場所にありますが、慣れるとハンドルから手を放さずに
DレンジとRレンジのの切替ができ、車庫入れの時などの前進、後退を繰り返す時などににとても便利です。
さらにシトロエンの『ホイールのデザイン』!!
シルバーとブラックの2トーンカラーは、足元をスポーティーに見せることができると同時に、
輸入車特有のブレーキダストが目立ちにくくなっています!!
極めつけがこのC3の『ドアハンドル』!!
バカンスを連想させる旅行カバンの持ち手のようなデザインで、
フランス車らしい楽しさを演出してくれます。
同時にこのハンドル、とっても持ちやすいんです。
何の気なく持ってもしっかり握れますし、ネイルをしている方でも気にせず使えます。



いかがでしょうか?
美しさと機能に裏付けされたフランスのデザイン、皆様もショールームで是非ご体感くださいませ!!

スタッフ一同、心より皆様のお越しを楽しみにお待ちしております!!

矢吹 太一

柔らかいのに酔わないシトロエン

[2018/11/14]

スタッフ:
矢吹 太一
カテゴリー:
シトロエンについて
皆様、こんにちは!!シトロエン神戸東の矢吹でございます。

季節の変わり目ですが、皆様ご体調いかがでしょうか。
風邪も流行っているようですので、どうぞお気をつけてお過ごしくださいませ。


さて、シトロエンのクルマは、乗り味が優しい、即ち「柔らかい」乗り心地と言われることが多いです。
「でも乗り心地が柔らかいクルマは酔うんじゃないの?」と時々訊かれます。

そんなことはありません。シトロエンのおクルマはクルマ酔いしにいんですよ。

ひとつ実例をご紹介致します。
それまでは国産車にお乗りで、お子様のクルマ酔いでお困りのお客様がいらっしゃいました。

「今度はお子様が酔わないクルマ」とお子様と一緒にご来店いただきました。
ご試乗いただいたところ、いつもはすぐにお子様が気分が悪くなるところ、
全くクルマ酔いの兆候なくご試乗を終えられました。

その後、実際にシトロエンユーザー様になっていただいたのですが、時々ご連絡差し上げると、
お子様はその後もクルマ酔いすることなく、長距離でも何の苦も無くお乗りいただいているとのことです。

単に柔らかい足回りでは、フワフワ揺れて酔ってしまいますよね。
でも、シトロエンの足回りは柔らかさの中にもしっかりと芯があり、
かつ車体を水平に保ち、揺れないという特性があります。

この特性がシトロエンのクルマを乗り心地が柔らかく、酔いにくいという
背反事項を両立させたクルマにしているんだと思います。

是非この絶妙な足回りのセッティングを当店にてお確かめくださいませ!!
皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ち致しております!!

矢吹 太一

長距離移動も楽々

[2018/11/07]

スタッフ:
矢吹 太一
カテゴリー:
シトロエンについて
皆様こんにちは!!シトロエン神戸東の矢吹です。

すっかり秋ですねぇ。そろそろ六甲山は紅葉も見頃のようですね。
私も時間を見つけて見に行きたいなと思います。

仕事柄、私はほぼ毎日のようにデモカーやマイカーのシトロエンで時には
片道1時間以上、あちらこちらへ走ります。

でも、シトロエンのおクルマは、本当に運転していて疲れないんです。
それどころか、毎日のことなのにいつも運転が楽しみなんです。

疲れない要因としては、いくつかポイントがあるかと思います。

まず、乗り心地がいいこと。
路面の凸凹や大きなギャップもさらりと受け流し、車体を揺らしません。

さらには、滑らかなこと。
路面のザラザラもきれいにならして走るので、高周波の振動や音も入って来にくいんです。

それからシートの良さ。
長時間座っても、最初の優しい感触が維持されて、お尻や腰が痛くなりません。

加えて、直進安定性。
高速も真っすぐ矢のように走ります。本場フランスのバカンス遠出に備えた設計なんですね。

この乗り味をベースに余裕のあるエンジンが組み合わさっているお陰で、運転が非常に楽しくて快適です!!

是非皆様も、シトロエンのおクルマで遠出してみませんか?
今なら年末年始のお休みに、新しいシトロエンでお出掛け間に合いますよ!!

今週も、シトロエン神戸東ではスタッフ一同皆様のお越しを心より楽しみにお待ち申し上げております。

秋深まる折、風邪も流行っております。皆様お身体ご自愛くださいませ。

矢吹 太一

シトロエンのDNA

[2018/10/31]

スタッフ:
矢吹 太一
カテゴリー:
シトロエンについて
皆様、こんにちは!!シトロエン神戸東の矢吹でございます。

今日で10月も終わりですねぇ。明日から11月・・・。秋も深まって参りますね。
私は寒いのが苦手なので、これからの季節が少し憂鬱です。


ショールームに入って奥の壁に、このようなボードがございます。
今年のショールーム改装時に設置されました。
色々なワードが並んでおりまして、「何の為にあるのかなぁ」と思っておりました。

実はこの中にシトロエンのDNAとも呼べるキーワードが隠れておりました。

シトロエンのDNAとも呼べるキーワードは3つございます。
一つ目は「SMART」
いつ誰が乗っても、迷わず安全に乗れる使いやすいクルマであること。
二つ目は「HUMAN」
あくまで人間が心地よいと感じる空間や乗り心地を大切にしたクルマであること。
三つ目は「OPTIMISTIC」
楽観的という意味です。フランスのブランドらしく、人生を楽しく前向きに過ごせるデザインや
楽しい走りを持ったクルマであること。

ここに共通しているのは「人々の倖せ」だと思います。
シトロエンのクルマは強大なパワーは派手なパフォーマンスを持たせるのではなく、実用一点張りでもない。
社会から要求される様々な要素をほど良く、バランス良く、センス良く融合させ、
人々の暮らしをより豊かにすることを追及する。
シトロエンはそんな人の温もりが感じられる、優しいブランドだと思います。

ショールームに入ってすぐ左手の受付の後ろにも同じキーワードが並んでいます。
皆様、ショールームへお越しの際は是非ご確認くださいませ!!

今週も皆様のお越しをスタッフ一同楽しみにお待ちしております。